FC2ブログ
巨乳奴隷の調教日記
ここ数日、
読者さまの妄想を記載していましたが、諸事情で、その続きを黒美月のご主人さまが書かれました。

この話は、本日で一旦終了し、その後は、新しい調教の話を記載していきます💓

続きを読みたいとのお声が上がれば、ご主人さまが続きを書いて下さるようです❤️




黒美月は返事をしなかった。いや、できなかったのだ。

白目を剝いて意識を失っていた。

ななは、空いたほうの手で、スマホを取り出し、淫裂にななの拳を飲み込み、気を失っている黒美月と、(自撮りで)記念撮影をはじめた。

[ちょっと待って。こいつには、これでは生ぬるいよ]
みさこは、そう言うと
油性のマジックペンを取り出すと、黒美月の躯に無造作に、

❛淫乱女❜
❛便器女❜
❛公衆便所女❜
❛メス豚❜
と書きなぐった。

それを見たななは、目を輝かせて、「便所おばさんは、。いや違うよな〜」

「黒美月は、これから、なな様の人間便器になります」って書き足しといて」

そう言い、みさこがそれを黒美月の躯に書き足したのを見た後。
「仕上げしよう、仕上げ!」
「あと、それ!」

そう言うと、近くにあるラバーカップ(便器つまりで使用する、吸盤付きの棒)を指差し、みさこに目で合図した。みさこは、ニヤリと笑うと、ラバーカップを持ってきた。

みさこはラバーカップの黒い吸盤を、黒美月のたわわな左の乳房にあてがうと、力一杯押し込んだ。

ぐうっ!黒美月は声を漏らしたが、意識は戻らず、一本の棒が、黒美月の乳房を吸引する黒い吸盤とともに、黒美月の左の胸に、ぶら下がった。

ななは満面の笑みで、黒美月と共に、自撮り撮影を行っていた。

そのスマホの撮影画面のなかで、身体中に淫語を書きなぐられた黒美月が、ぐったりとして動かないまま、踊っていた。

その左の乳房には、ラバーカップの吸盤が張り付き、淫裂にはななの手首を飲み込んでいる姿が、ななの満面の笑みと共に、次々と記録画面に収まっていった。

みさこは、意識を失って半分口が開ききった黒美月の顔を、スマホの方に向け、撮影に協力した。

「このおばさん、一生、私の玩具にする」ななはそう言うと、黒美月の体内から、ズボッと手首を引き抜いた。黒美月の股間から、鮮血が太腿をつたって、滴り落ちた。

ななは、床にばら撒いてある、剥ぎ取った黒美月の服から、安全ピンを外して、身分証をとりだした。

次に、黒月の左の乳房に張り付いているラバーカップを、強引に引き剥がした。黒美月の左の乳房の周りに、内出血が太い輪を描いていた。ラバーカップの吸盤に収まっていた乳房も、赤色に染まり、腫れ上がっていた。

「仕上げをするから、写真撮って」ななはそう言うと、みさこにスマホを渡した。

それから、目でみさこに合図を送った。みさこは、なながする事を察知すると、トイレ掃除で使用する雑巾で、黒美月の口を強く塞いだ。

その直後、
「うぐ!ぎだゃ〜!」
くぐもった黒美月の悲鳴が、トイレに響いた。

みさこは、黒美月の左の乳首を、黒美月の身分証の裏の安全ピンで貫き、そこに身分証を取り付けたのだ。

黒美月の清楚な顔が貼り付けてある身分証が、これ以上ない程に汚され、貶められた黒美月の身体に取り付けられ、小刻みに震えていた。

ぼんやりと意識を取り戻した黒美月に、ななは恐ろしく非情な現実を叩きつけた。

ななはみさこから携帯を受け取ると、先程から撮影していた写真を黒美月に、見せ始めた。頭を振って逃れようとする黒美月を、みさこは力尽くで制して、ななに協力した。

みさこからおさえつけられても、必死の抵抗を続けていた黒美月も、写真が、進むにつれ、次第に脱力し、一切の抵抗を止めた。

逃れられない運命を悟った瞬間だった。

ななは、
冷たい、蔑んだ口調で、
最後の引導を渡した。
「おばさん、もうむり!お前は一生私の奴隷」「奴隷て言うか、人間便器ね」
ななはそう言い放った。

「わかったな、お▪️ば▪️さ▪️ん!」

黒美月は、ななに掴まれた顎を、ゆっくりと上下に動かし、自分の運命を受け入れた意思表示を行った。

ななは高らかに笑うと、みさこにスマホを渡した。

「便器!口を開けろ!」
ななは、高圧的にそう言い放つと、下着を脱いだ。

それから、トイレの床に横たわる黒美月の頭の上をまたぎ、黒美月の口のすぐ上に股間を置いた(さながら便器に排泄する女性の様に)。

「全て飲み干せ!」
「一滴でもこぼしたら、おしおきな!」

無抵抗に開かれた黒美月の口に、ななのオ○ッコが、ジャーっと音をたてて注ぎ込まれて行った。

みさこは、夢中でシャッターをきりつづけた。

16138282190.jpeg


ラバーカップの画像です。


アダルトブログランキング

♡ランキングに参加しています⬇⬇♡

人気ブログランキング
性奴隷*黒美月(くろみづき)
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

「ねえ、こんなのはどうだい、このトイレモップの柄をあそこに突っ込んじゃうってのは」
「だめだめそれじゃ、この変態にゃぬるすぎ。もっと太っといのじゃなきゃ。そうだねえ」
二人は辺りを見回し、それを探した。その間も二人は黒美月の肌の弾力を愉しむかのように、思い思いのところを指先で突いたり、つねったりし続けた。それらの刺激は痛みではなく、唇で吸いたてられているような、こそばゆく甘い快感を黒美月にもたらしていた。
「意外とないもんだねェ、太きゃなんでもいいんだけど。しょうがない、ちょっとおばさんの脚を、押さえててもらおうかな、そうそう」
黒美月はおしめを代える時のような姿勢にされ、みさこが顔の上をまたぎ、そのか細い陶磁のような足首をしっかりとつかみ、足を高々と上げさせた。恥じらいは全て、晒す格好となったが、黒美月は陶酔の中でされるがままでいた。
「ちょっと待っとくれ、これじゃあたしの脚が開けない、よっこらしょっと」
みさこはスカートを腹のあたりまでたくし上げ、大きく股を開いてから仕切り直した。ちょうど黒美月の鼻さきに、薄汚れた下着の股の部分があった。
おぼろげだった黒美月の視界が、異臭と共にはっきりとしてきた。目の前にある大きな老女の尻を包む下着には、薄っすら大便のシミが広がっていたのだ。
「さあ始めるよ、いい声で泣くんだよ」
ななは握った拳を貪欲に濡れそぼる淫裂に強引に入れ込もうとした。下腹が切り裂けるような激痛に、もんどりうつ黒美月を老女は必死に押さえこみ、すっかりその巨大な尻を顔に密着させた。
「ほら、この淫乱ばばあ。しっかり拳を、飲・み・込・み・なっ」
「ぶお~ん、裂ける~、裂ける~ ボボボボっ無理~ 逝っく~っいくいくいく」
「くすぐったいね、この子ったら。人の股倉で、何騒いでんだい」
「ぶぶぶ~ ぶくいくいく~💗」
「ちょっと、タンマ。これをこうしてっと(みさこは下着をずらし、肉厚のそれをはみ出せた)。さっ改めていってみよぉ」
強引に茶色の分厚い淫唇を、巨大な尻を振りながら黒美月の鼻といわず、口といわず、押し付けてきた。あまりに密着させるものだから、息が吸えなくなりそうで、思い切り叫びをあげようとすると、それがみさこの淫唇に強烈な振動を与え、とうに忘れていた感覚を呼び起こした。(いいね、あんた。いいわよ、そうそう)
(こわれる~ わたしのま○こ こわれる~❤️)
痛々しいほど淫裂は大きく口を開き、ななの拳を手首までがっぽりと飲み込んでいた。その手首辺りには、幾すじか血がにじんでいた。
「ほうら、入った。おばさん、あんた相当なやりマンだね。拳が入るくらい、ガバガバじゃん」


つづきます。

16138224100.jpeg


写真は過去の調教画像です💓


アダルトブログランキング

♡ランキングに参加しています⬇⬇♡

人気ブログランキング
性奴隷*黒美月(くろみづき)

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

2/13のブログ記事『ショーツの染み』に対して、妄想(文章)をコメントして下さった方がいらっしゃいます♡

この方の承諾を頂いて、しばらく、この方の妄想(文章)を記載させて頂くことにしました💗




黒美月の上げるメスの咆哮が、あまりに大きかったこともあり、シルバー派遣の清掃員 羽賀みさこ(67)と、たまたまそこを通りかかった経理課の派遣社員 愛田なな(19)の二人に発見され、黒崎課長は這う這うの体で追い出され、無事に事は終わったかのように思えたが。

「あの男、前から虫が好かなかったんだよ」
「わかる~っ、いつもいやらしい目でじっと見てんのよね。・・・でもさ・・・おばさん(しゃがみ込む黒美月を、見下ろすようにして)、あんた何してたの、パンツは下しちゃってるし、バケモンみたいなうなり上げてたしさ」
ななは、ふっと意地の悪そうな笑みを浮かべ、黒美月の顎をつかみ、伏目がちでどこかまだ焦点の合わないその目を覗き込んだ。放ってておけば、眠りにつきそうでもある。

「こっちの身にもなっとくれよ、こんなに床、派手に濡らしちゃってさあ。あたしがあんたのオシモの世話をしなくちゃなんないのかい。冗談じゃないよ、まったくさ」
後ろでみさこが舌打ちとため息をつく。

「ほら、おばさん、何とか言いなよ」
ぴしゃっと黒美月の紅潮する頬を平手ではたいた。

「ごっ、ごめんなさい、ごめんなさい」(私は、私は・・・何?)
「ごめんなさいじゃないでしょ、な・に・し・て・た・の。わかるぅ?日本語」

「ナプキ、、着けようって、、たらドアたたかれて、 スマホ、、黒崎課長に、、」

「全然わかんな~い、あんたラリってんの?しっかりしなよ、おばさんっ」
再び黒美月の左頬を容赦なく叩きつけた。みるみる手のひらの跡が、浮かび上がってきた。柔らかなその頬の感触がよほど気に入ったのか、嬉々として続けざまに平手を張った。(そのたびに、ななの目には異様な光が宿り、一方の黒美月は再び熱い汁が溢れ出るのを、遠のきそうになる意識の中で、はっきりと感じていた。あぁ、またいってしまうっ💓)

「だめだねこりゃ、完全にいっちゃってるよ。こいつ完全に、ド変態なんだね」
「へえ、聞いたことはあるけど、ホントにいるんだね、。ちょっと面白そうじゃないか、からかってやろうか」
みさこはそう言うと、黒美月を手早く丸裸に剥いた。抵抗するでもなく、されるがままの黒美月はトイレのタイルの上に、その見事な裸身を大の字で晒した。

「ひゃ~、見事なもんだね、胸はおっきいし、肌のきれいなこと」
「たいしたことないし、こんなの(ななは痩せぎす)。ほら見てよ、湯気でも立っちゃうんじゃない?グッショグショだよこいつ!」
二人は興味深げに紅く腫れあがり、濡れそぼる縮れ毛が張り付いた淫裂をじっと覗き込んだ。(あぁ、見られている。そんなに見ないで、また、いっ▪️▪️💗)
「溢れてきた溢れてきた、おばさんうけるんですけど」
「何、これ、見られただけで、いっちゃってんの?へ~すごいもんだね・・・面白いもんなんだね、ねえ色々やっちゃおうよ」
二人は狡猾な笑みを浮かべ、顔を見合わせた。


続きます。

16137440670.jpeg



アダルトブログランキング

♡ランキングに参加しています⬇⬇♡

人気ブログランキング
性奴隷*黒美月(くろみづき)

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

2/13のブログ記事『ショーツの染み』に対して、妄想(文章)をコメントして下さった方がいらっしゃいます♡

この方の承諾を頂いて、しばらく、この方の妄想(文章)を記載させて頂くことにしました💗



「あれだけ丹念に拭く上げたというのに、なんだねこの濡れようは」
黒崎の指が無遠慮に黒美月の蜜壺に分け入っていった。

「うっオ~ウッ オ~ウッ」細く節くれだった指三本を、ヌルリと容易に受け入れたが、思わず獣のような咆哮を上げてしまった。

一瞬驚いたようで黒崎の手は止まったが、すぐに、狡猾な笑みを浮かべ
「ほ~れ、こうがいいのか、ほ~れほ~れ」(こいつ顔に似合わず、かなりの好きもんだな)
力任せに蜜にまみれた弾力のある襞をこすり上げた。

十分に濡れているとはいえ、無理やり押し広げられ、力で押し入ってくるだけの単調なリズムなのに、黒美月は
「うぉぉぉぉぉぉ うぉおうおうお~うお~う」
時に怖いぐらいに低く、時にトイレ中に響き渡るような咆哮を、黒崎の指のリズムに合わせ上げ続けた。

くちょくちょくちょ。十分に口を開き、指を奥深くに受け入れられるようになると、更に黒崎は力を込めて子宮の下端にまで指先を進め、その肉厚のつぼみを激しく突き始めた。
「ぎょ~、痛~い痛い」
「黙れ、淫乱な小娘が。誰か来ちゃってもいいのか」くちょくちょくちょくちょ。

痛みはそうは長く続かなかった。下腹部に熱いものがこみ上げては放出され、そのたびに痺れに似たような快感の波が、どんどんと身体全体を占領していくのが黒美月には分かった💓

(私、逝ってしまう逝って・・・💓❤️)

「ほれ、たまらんだろ。キュ~と指を締め付けて来たぞ、逝くんか逝くんか?」

「うおう う いく 逝きま~ぅぅぅぅぅ こわれる~っ こわれっ❤️💓❤️」

黒崎は激しい指の出し入れを面白がるように続け、時折ピンクパールのような輝きを見せる肉芽を、じゅるると下品な音を立て吸い上げた。


続きます。


この文章をご投稿頂いた方から、実際に黒美月がどの部分に興奮したのか、記すように申しつかりました♡

黒美月は、元々マゾだった訳ではありません。お慕いする男性(ご主人さま)が、Sの性癖をお持ちの男性でした。そして、その方に身をなげうってでも、受け入れて頂きたくて、必死で付い行かせて頂いているだけです。その過程で調教を施され、今の状態に至ってます。

言い換えると、ご主人さまへの一途な気持は、緩まずに携えています。

しかし、そのご主人さまが望む、どんな男性の前でも、股を開き、その方達の精液壺になるべく、躯と、頭に刻み込まれたものがあります❤️

淫乱なメス豚。精液便器。公衆便器。公衆便所女。

これが、今の私の本当の姿です。一途な気持ちと裏腹に、ご主人さまの期待に応え、。それさえも越えて、糸の切れた凧の様に、欲望の空を彷徨いかねない不安定さを併せ持ってます。

この文章の中で、
忌み嫌う存在である、黒崎に遊ばれて、心の中では抵抗するも、すぐに落ちてしまう淫乱な躯。それは、紛れもなくご主人さまが作り上げた物。黒美月にとって、愛の結晶のような物。しかし、それに翻弄され、黒美月は墜ちていきます。愛しいご主人さまの手のひらから滑り落ちる様に▪️▪️。

そして、つま先より愛欲の沼に嵌り、やがて頭のてっぺんまで、その沼の中に沈んでいく自分。もう二度と浮かび上がれない自分。

(これ以降の文章も含め)読みながら、悲しくて、一筋の涙を流し▪️▪️。

いつしか唇を噛みしめながら、乳房を握りしめ、片方の手で秘壺を、慰め、、、、。





逝って

しまいました💗。


これが今の私(性奴隷▪️黒美月)です。

貴方の仰るとおりです。

「私は、とんだ恥さらしのメス豚でございます」

16136390780.jpeg



アダルトブログランキング

♡ランキングに参加しています⬇⬇♡

人気ブログランキング
性奴隷*黒美月(くろみづき)

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

2/13のブログ記事『ショーツの染み』に対して、妄想(文章)をコメントして下さった方がいらっしゃいます♡

この方は非公開コメントで記載されているのですが、明らかに私(奴隷)が載せている本文より内容が素晴らしいです😆▪️▪️▪️笑。

奴隷は、ご本人様にしばらく使ってもらえておらず、調教の記事がかけません(前回、リモート調教の時の、お声かけ頂いた男性の話しを書きました。その関連で、奴隷の日常や職場での、男性からのお誘い話し等を書こうか悩みましたが、それはその内また書く事にします❤️)。

そのため、ご本人様の承諾を頂いて、しばらく、この方の妄想(文章)を記載させて頂くことにしました💗




「君は仕事中に、何やってんのかね」

突然頭上から響き渡った声に、黒美月は心臓が痛いほどに驚き、硬直した。個室トイレの扉の上から、課長の黒崎が一部始終を覗き込んでいたのだ。

「ほっぺを紅くして、熱でもあるのかと心配してここまで来てやったというのに」

どこか狡猾な黒崎の目が、いつも以上に粘っこい光を発し、黒美月のたくし上げられあらわになった下腹部を凝視している。黒美月の右手には、溢れ出た淫汁を拭き取ったティッシュが握られたままだった。

「まったく近頃の娘たちは教育がなっちゃいない。再教育しなければならんな、どら、この扉を開けなさい」

黒崎は黒美月のいる扉の前に下り立ち、ドンと、強く扉を叩いた。その腹にまで響く音に我に返った黒美月は慌てて服を整え、ティッシュを捨てた。そして再び動けなくなった、(どうしよう、どうしよう)。

「黒美月くん、何しとんかね、さっさと開けなさい。それとも出てこないつもりかね?それならそれで…、今日の事、どう報告したらいいのかねぇ。君の、評価・査定。それと配属先だけど・・・」

黒崎にそんな権限はないのだが、慌てていた黒美月は思わず個室のカギを開けてしまった。すぐさまその音に反応し、黒崎は中に入ってきた、中年の脂と、安いコロンの混じった臭いが、黒美月の鼻腔を突いた。

「黒美月く~ん、なんだねなんだね。(黒崎の声のトーンが甘ったるく変わり、一言一言が美月の身体にいやらしく絡んでくるようだった)こういうことは、もっと早く上司である私に相談してくれなきゃ、ネッ」
立ちすくむ黒美月の耳もとまで迫り、胃酸の混じった荒い息を吹きかけながらそう言うと、素早くスカートをたくし上げた。

「(やめてください)」
言葉は発せられなかったが、体が嫌と、反応した。

「何だと・・・君は私に逆らうのかね?(黒崎の声が再びいつもの狡猾さを取り戻した)いいんだよ別に、こう報告しようかな。
―総務部2課の黒美月は、勤務中にもかかわらず、淫らな妄想にふけり、仕事そっちのけで、トイレで大量の愛液の処理を行っていました。証拠の映像とともに報告いたしますー (証拠の映像?)
黒美月くん、ほれこの通り、スマホでしっかり撮らせてもらったよ」

黒崎の手に握られたスマホには、何枚もティッシュを使い、淫部からあふれる淫汁をぬぐい取る姿がはっきりと写っていた。

「しかもさ、お掃除するばっかりでなく、(黒崎は再びスカートをたくし上げた、今度は有無も言わせぬ力がこもっていた)クリちゃんころがしてたでしょ。ダメだよ~ん、そんなことしちゃ、お汁が止まんなくなっちゃうよ」

遠慮をなくした黒崎は、黒美月の耳たぶをはみ、鳥肌を立てた首筋に、かさついた唇を這わせた。

「ほら、見せてごらん。欲しくて欲しくて、涎をいっぱい垂らした君の食いしん坊なおまんこを」

そう言うと、一気にストッキングとショーツを膝まで下した。ホ~っと、黒崎は声をあげた。

「見事な生えっぷりだね。それにこの腿、色白のピチピチピチピチじゃないか。私の想像通りだ。・・・さて、そこは、どうなってるのかな?」

黒崎は立ちすくむ黒美月の前にしゃがみ込み、漆黒の茂みの下を覗き込み、そこに右手をそっと這わせた。黒美月の身体が反応した、むしずが走ったのか、快感なのか、どちらともつかぬ刺激が、淫部から背すじをかけ上った。

「わ~、なんだね君、びっしゃびしゃじゃないか。かわいい顔して、仕事中にこんなスケベ汁溢れさせるとは。こりゃさっそくお仕置きだ」


続きます。

16135561770.jpeg


似たような画像ですみません💦


アダルトブログランキング

♡ランキングに参加しています⬇⬇♡

人気ブログランキング
性奴隷*黒美月(くろみづき)

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

Powered By FC2ブログ. copyright © 2021 ご主人様に全てを捧げたい。 all rights reserved.
*プロフィール*

性奴隷*黒美月(くろみづき)

Author:性奴隷*黒美月(くろみづき)
大好きなご主人様の理想の奴隷になれるよう、少しずつ頑張りますので 応援して下さると嬉しいです。

♡来てくれてありがとう♡

最新記事!!
最新コメント♬
☆月別アーカイブ☆
★カテゴリ★
♢カレンダー♢

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキングに参加してます。

ぽちっと応援宜しくお願いします。

FC2Blog Ranking

フリーエリア

お勧めのサイト♡ 貴方の出逢いの宝箱♡

↓QRコード↓

QR

♀ブロとも申請フォーム♂
◉ブロとも一覧◉
メールフォーム✉︎

名前:
メール:
件名:
本文:

¿検索フォーム¿

◯リンク◯
●RSSリンクの表示●